Total Solution Provider Applying Theory Of Constraints
ゴール・システム・コンサルティング株式会社
  1. ホーム
  2. TOC通信教育講座
  3. TOC入門コース

TOC入門コース

コース概要
コース 単元構成 期 間 受講費用(税込)

TOC入門
TOC概論
DBR入門
CCPM入門

3ヶ月(最長6ヶ月)

\21,600

text1.gif

ねらい

◆TOCの基本的な考え方を理解する
◆DBRおよびCCPMの基本的な考え方を理解する
◆DBRおよびCCPMの構築手順や進め方を理解する

対象者

◇TOCを展開している企業のトップマネジメント、部門長、マネジャー、リーダー、現場スタッフ
◇TOCの基本的な知識・理論を学びたい方  

カリキュラム
TOC概論
第1章 企業経営の歴史
第2章 TOCの歴史
第3章

TOCの基本的考え方
 ・ TOCの3つの原則
 ・ 継続的改善の5ステップ
 ・ 3つの業績評価指標

第4章

TOCのツール
 ・ DBR(Drum Buffer Rope)
 ・ CCPM(Critical Chain Project Management)
 ・ 思考プロセス(Thinking Process)
 ・ TOCサプライチェーンマネジメント
 ・ TOCセールス&マーケティング
 ・ バイアブル・ビジョン

DBR入門

第1章

生産管理の基礎知識
 ・ 企業の発展と生産管理

第2章

DBRの概要
 ・ DBRの基礎
 ・ 生産の揺らぎ(変動性と従属性)
 ・ DBRと継続的改善の5ステップ

第3章

DBRの構築手順
 ・ DBR構築の準備事項
 ・ DBR構築のための5つのステップ

第4章

DBRのスケジューリング

CCPM入門

第1章

プロジェクトマネジメント発展の歴史
 ・ プロジェクトとプロジェクトマネジメント
 ・ ポラリス開発に活用された「PERT法」
 ・ デュポン社の開発したスケジューリング手法「クリティカルパス法」
 ・ スタンフォード大学で開発されたネットワーク工程表表記法「PDM」
プロジェクトマネジメントブームとPMBOK・P2M
TOCのプロジェクトマネジメント

第2章

プロジェクトの問題点
・ 計画場面の問題 バラツキと安全余裕の影響
・ 実行場面の問題 プロジェクトが遅れる特性
・ 確認場面の問題 進捗確認の方法
・ 是正場面の問題 遅れに対する意思決定の困難

第3章

プロジェクトへのTOCの適用
・ TOC3つの原則のプロジェクトへの適用
・ TOCの解決策
・ マネジメントの方針転換「パラダイムシフト」

第4章

CCPMの進め方
・ 計画場面 バッファスケジューリング
・ 実行場面 バッファ消費を確認しながらの実行
・ 確認場面 バッファ状況の確認
・ 是正場面 バッファ回復のアクション

受講規約

お申し込み

>>>開講希望月の前月20日までにお申し込みください<<<

【法人/個人】
申込用紙に必要事項をご記入の上、FAXまたはメール添付にてお送りください。FAX:03-5282-2417 Mail:申し込み用紙に記載しております。


【個人
個人様のみWEBからもお申し込みいただけます。
法人様はお手数ですが上記申込用紙にてお申し込みください。

受講者専用質問フォーム

現在受講中の方で、理解できない点や不明な点がある場合は
こちらからご質問下さい。質問フォーム



Top