Total Solution Provider Applying Theory Of Constraints
ゴール・システム・コンサルティング株式会社
  1. ホーム
  2. 会社情報
  3. コンサルタントプロフィール

コンサルタントプロフィール


代表取締役

村上 悟
代表取締役
村上 悟
Satoru Murakami

1959年生まれ。大手製造業にて経理、原価計算を担当、社団法人日本能率協会を経て株式会社日本能率協会マネジメントセンターTOC推進部チー フコンサルタント。 2002年9月より現職。
2006年にインターナショナル・プロダクション・リサーチジャーナルに発表された論文「日本産業におけるTOCの適用-日立ツールの事例-」は 同年のTOC世界大会でE・ゴールドラット博士より紹介され、博士最後の論文「巨人の肩の上に乗って(2008)」に直接引用された。
世界でもトップクラスの実績と実力を持つTOCコンサルタント。

TOC-ICO認定 TOCプラクティショナー(SCL、PJT、Finance、TP)
日本TOC推進協議会理事長
法政大学工学部兼任講師(2003~2013)

【著 書】
「TOC入門・実践者のためのノウハウ手順」日本能率協会マネジメントセンター
「決定版:在庫が減る、利益が上がる、会社が変わる」中経出版
「問題解決を見える化する本」中経出版
 他、著書・執筆原稿・インタビュー記事多数


取締役チーフコンサルタント

西原 隆
取締役技術部長 チーフコンサルタント
西原 隆
Takashi Nishihara

1971年神戸市生まれ。2003年ゴールシステムコンサルティングに入社。米国TOCファームベクターストラテジー社(当時)のイレーン・フロスト、ロジャー・モリソンからTOC導入方法に関する教育をうけ、その後国内大手メーカー、ITなどでのTOC導入コンサルティングに従事。
特に、TOCのプロジェクトマネジメント手法「CCPM」に関する4日間の研修コース「CCPMインプリメンターコース」では400名以上に対して教育実施。指導したCCPM適用プロジェクト数は500プロジェクト以上と豊富な理論的知識および実践スキルを持ち、インプリメンテーションの経験は日本随一である。
また、TOC思考プロセスを用いたファシリテーションに精通しており、現場スタッフのモチベーションを向上させる技術には定評がある。

TOC-ICO登録 Jonah/中小企業診断士

【著書】「TOC/CCPM 標準ハンドブック」秀和システム(共著)
【執筆協力】「問題解決を見える化する本」中経出版
【WEB連載】@IT-monoist TOC流の開発型プロジェクト管理術『CCPM』
【ソフトウェア】「SalesBufferManager」(チーフエンジニア)


コンサルタント

小笠原 剛
チーフコンサルタント
小笠原 剛
Takeshi Ogasawara

1975年群馬県生まれ。1998年一橋大学法学部卒業後、日立金属(株)に入社。生産管理・LT短縮・生産スケジューラー導入・海外生産立ち上げ支援などに従事。2007年ゴールシステムコンサルティングに入社。製造業を中心に、DBR導入、生産管理、プロジェクトマネジメントに対するコンサルティングに従事。自らの体験を踏まえた実践的な改善には定評がある。

TOC-ICO Jonah/ TOCスペシャリスト(GSC認定コース修了)


真道 久英
チーフコンサルタント
真道 久英
Hisataka Shindo

大手メーカー研究所において半導体関連製品分野における技術開発および新製品開発に従事。その後、海外製半導体のマーケティング・技術営業に従事。2007年ゴールシステムコンサルティング入社。
新製品開発、受注設計生産環境を中心に、TOC導入によるプロジェクトリードタイム短縮のコンサルティングを行う。戦略策定のためのTOC思考プロセス活用、および新製品開発プロジェクトマネジメントには定評がある。

TOC-ICO Jonah/ TOCスペシャリスト(GSC認定コース修了)
TOC-ICO認定プラクティショナー(プロジェクト)


白須 桐紀
コンサルタント
白須 桐紀
Hiranori Shirasu

中央大学法学部卒業後、住友軽金属工業(現UACJ)に入社。工程管理室に配属後、見込み生産品、受注生産品の生産計画、在庫計画を担当。購買部に転属後、副資材購入に従事する。その後、電力系財団法人に入職し、複数の広報プロジェクトに参加しつつ、社会調査プロジェクトのマネジメントを経験。
その成果は独立行政法人・日本原子力研究開発機構に論文の著者として発表されている。 現在ゴールシステムコンサルティングでは経験を生かして工場の現場改善、DBR導入を中心にコンサルティングを行っている。

TOC-ICO Jonah/ TOCスペシャリスト(GSC認定コース修了)
TOCスペシャリスト(GSC認定コース修了)


顧問

稲垣 公夫
顧 問
稲垣 公夫
Kimio Inagaki

1951年生まれ。東京大学工学部精密機械学科、ミシガン大学工学部IE・OR学科大学院卒業。大手電気メーカーの生産技術開発部門、本社の製造統括部門を経て1993年よりアメリカ駐在。アメリカ現地法人で経営企画担当副社長。アメリカ駐在時代からTOCやトヨタ生産方式を研究し本の執筆や翻訳を手掛ける。
2002年からアメリカ大手EMSの日本法人社長。2010年に独立し、リーン製品開発の研究に専念。2011年ゴールシステムコンサルティングと顧問契約。

【著書】「TOC革命」「TOCクリティカルチェーン革命」「アメリカ生産革命」「EMS戦略」(2001年日経BP/Biztech図書賞受賞)「メイドインジャパンの復活」 【翻訳書】「リーンシンキング」「ザ・トヨタウェイ」「ザ・トヨタウェイ実践編」「トヨタ製品開発システム」「トヨタ経営大全1..人材育成」「トヨタ経営大全2.企業文化」「トヨタ危機の教訓」


コンサルティングパートナー

丹治 克之
コンサルティングパートナー
丹治 克之
Katsuyuki Tanji

合同会社ACCEL チーフコンサルタント。キヤノン(株)及び長浜キヤノン(株)において、生産管理・物流・製造・調達の業務に従事。2002年長浜キヤノン製造部長、2004年長浜キヤノン取締役、2009年キヤノングローバル調達推進センター所長を務める。生産革新を始め多くの改革プロジェクトのリーダーを担当し、改革方法の構築と具体的成果が社内外で高い評価を得て、成果発表での受賞と講演多数。
2004年には現場マネジメント方法をまとめた論文が「日本IE文献賞論文賞」を受賞。2013年キヤノン(株)退職。

物流技術管理士
野洲・ものづくりインストラクター



コンサルティングパートナー
高橋 淳
Atsushi Takahashi

筑波大学経営政策科学研究科卒。1981年株式会社日本能率協会(現日本能率協会コンサルティング)に入社。管理間接部門の業務効率化、OA化推進のコンサルティング経験を経て、企業の総合的な経営革新活動の支援へとコンサルティング領域を広げてきた。2001年株式会社日本能率協会コンサルティングを退社。有限会社アイ・エフ・コンサルティグを設立し、代表取締役を務める。社団法人企業情報化協会の調査研究活動に参画し、研究活動および講演活動などを行っている。2007年ゴールシステムコンサルティングとコンサルティングパートナー契約。

【著書】「ペーパーレスオフィス-その考え方・進め方」日本能率協会刊


関連コンテンツ

Top